Header image  
美容皮膚科や美容外科ではさまざまな肌に関する治療を受けられます。  
  

 
 
 

 
 
医療機関での美肌ケア

加齢とともにいろいろな肌の悩みも増えますね。
シミ、シワ、たるみ、吹き出物など悩みは尽きませんよね。

自分でできるスキンケアでは限界を感じる、あるいは速く効果を実感したい人などは、医療機関で治療をうけることになるでしょう。
美容皮膚科や美容外科ではさまざまな治療法で肌トラブルを解消してくれます。
本格的な治療を受けられるので、効果も期待できます。

ただ、美容を目的とする治療には健康保険は適用されないので、費用がかさんでしまうことを忘れないでください。
副作用やアレルギーなどのリスクもあることを知っておきましょう。
よく調べ、よく考えた上で治療を受けることをお勧めします。

医療機関では、医師のもとでさまざまな美肌ケアを受けることができます。
でもどんな方法でも確実にシミやシワ、たるみが解消できるわけではありません。
気長に付き合っていかなければならない場合もあるでしょう。

とくにシミは種類がいくつかあって、この方法ではだめだけど、この方法は有効的などがあります。 そのシミが何が原因でできたものなのかをまず見極める必要がありますね。

老人性色素斑・・・美白化粧品やピーリングが効果的。ただし濃いものはレーザー治療が必要かもしれません。

脂漏性角化症・・・美白化粧品は効果なし。レーザーか凍結療法がおすすめ。

そばかす・・・美白化粧品は効果なし。レーザーが有効的。

炎症性色素沈着・・・美白化粧品やピーリングがおすすめ。

肝斑・・・美白化粧品やピーリングが効果的。レーザーはあまり向いていません。トラネキサム酸の服用も効果あり。

花弁性色素斑・・・美白化粧品は効果なし。レーザーが確実。

このサイトでは、医療機関で受けられる治療法について紹介しています。

☆ビタミンCイオン導入

電流の力によって肌の奥までビタミンCを浸透させる方法です。
ビタミンCは活性酸素を除去、シミやくすみ、ニキビを改善させる、ニキビ痕の改善、過剰な皮脂分泌を抑える、コラーゲンの生成をサポートする、肌の新陳代謝をアップさせる、毛穴を引き締める、肌のバリア機能を高めるなどなど、美肌には欠かせない成分です。
でも、肌の奥にきちんと届けるのはけっこう難しいもの。
普通の化粧水などで、ビタミンC配合のものもありますが、なかなか浸透していないのが事実です。
そこで、イオン化することで肌に浸透させる方法に注目が集まっているんですね。
家庭用の美顔器でもイオン導入できるものがあります。
現在のはかなり性能がいいので、効果もけっこう期待できますが、やっぱりクリニックで受けたほうが確実ではないでしょうか。
ケミカルピーリングと一緒に行うとさらに効果的です。
費用は1回5,000円~10,000円かかります。
2週間おきに10回ほど通わなければならないでしょう。

☆ケミカルピーリング

肌に酸を塗って古い角質を除去する方法です。
古い角質を取り除くことで肌の新陳代謝が活性化されます。
シミやニキビ、ニキビ痕、小じわに有効的です。
費用は1回10,000~20,000円ほどで、1か月おきに5回~10回ほど通いましょう。

☆レチノイン酸

化粧品にもレチノールとして配合されているものもありますが、それよりさらに効果が高いものです。
レチノールとはビタミンAのことなんですが、そのままではなかなか肌へは浸透しません。
レチノイン酸はレチノールを浸透しやすい形にしたもので、ピーリング作用、細胞を再生する力、メラニンの排出などしてくれます。
シミへの治療法として有効なのですが、長期にわたって使用すると刺激や乾燥などの副作用もあるので現在日本では医療機関で処方してもらうしかないのです。
費用は1か月で2,000円~5,000円程度、半年を目安に使い続けなければなりません。

☆ボツリヌス注射

ボツリヌス菌が作る物質を筋肉に注射すると、運動神経から出される信号を抑制し、筋肉の動きを止めてしまいます。
それによって、顔に出るシワを改善する方法です。
笑うとできる目尻のシワや眉間にできる縦ジワ、おでこのシワに効果的です。
最近は、この毒素を顔全体に注射することで肌にハリをだすという治療もおこなわれています。
たくさんの量を一気に注射してしまうとトラブルのもとになるのでまずは少しの量を打ちます。
費用は1回50,000円からです。
効果は半年ほど続きます。

☆フィラー

注入物を皮膚に入れ、シワの改善や鼻をより高くするなどできる治療法です。
使われる注入物は時間がたつと体に吸収されてしまうものがほとんどなので、効果は永遠ではありませんが、もとに戻すこともできますし、安全です。

○ヒアルロン酸・・・ヒアルロン酸を注入するとシワを改善できます。法令線に注入すると1回7万円ほどかかります。
始めは半年に一回打ちましょう。繰り返すほど効果は長続きするようです。

○PPP・・・自分自身の血液中のタンパク質を皮膚に注入する方法です。ほほがこけた人をふっくらさせる場合などに向いています。費用は1回10万円~で効果は半年です。

○カルシウムヒドロキシアパタイト・・・コラーゲンを増やします。ヒアルロン酸より効果が長続きします。費用は1回10万円、効果は1年半から2年持続します。

フィラーについての質問

Q;繰り返ししなければいけないの?

A;時間が経つと吸収されてしまうので、効果は永遠ではありません。でも、何度も繰り返し行わなければいけないということではないのです。

Q;注入したものが吸収されると以前よりしわがさらに深くなったりしないの?

A;治療によってしわが以前より深くなることはないでしょう。もとに戻るだけです。

Q;痛みや副作用は?

A;注射なので、その痛みはありますが、麻酔クリームなどを使用すればそんなに気にすることはないでしょう。
注射後に皮下出血で青くなる人もいますが、1~2週間もすればなおります。

その他にもまだまだ治療法はあります。
光やレーザーを使ったものを紹介します。
メスを使わないので精神的にも気楽ですよね。

☆レーザー

特定の波長の光のエネルギーを使った方法です。
メラニンに反応する光を当てればシミがとれます。あるいはコラーゲンを増やす光をあてればしわがなくなります。
顔全体にあてるものは若返り治療といわれていて、くすみや小じわなどを改善してくれます。
ただ深いしわにはあまり効果がないかもしれません。

☆IPL

ハロゲン光を使った方法です。
レーザーより広い波長で、シミ、シワ、ニキビなどに効果的です。
フォトフェイシャルエステや光脱毛としても利用されています。
肌が黒っぽいとやけどなどのリスクもあります。

☆LED

LEDが発する光を当てます。赤い光は毛穴や小じわに効果的、白い光はたるみに効果的、青はニキビに効果的なんです。
強く刺激のある治療が嫌な人に向いてます。

☆高周波

電気のエネルギーを利用した方法です。たるみに効果的です。

どの方法もそう簡単にしわやシミが取れるものではありません。
時間もある程度かかりますし、費用もばかになりません。
正しい知識と冷静な判断力をもって治療しましょう。
それから毎日のスキンケアも大事になってきます。
同時に美白化粧品などで美白ケアするとより効果もアップします。

☆赤外線

赤外線の温熱効果を利用した方法です。
皮膚に熱変性を起こしてコラーゲンをたくさんつくります。
これによって、しわやたるみが改善されます。

☆超音波

超音波で筋膜を焼いて縮ませる方法です。たるみにはすごく効果的なのですが、痛みも激しくしかも高価です。

☆フラクショナル

レーザーなどのエネルギーを点状に集め皮膚の奥深くまで到達させる方法です。
レーザーの他にも赤外線やRFでもできます。
もともとはニキビ痕の治療に開発されたのですが、それ以外でも妊娠線やたるみ、シワなどに効果があるものもあるので人気が出ています。

これらは医療機関でうけられるケアですが、美肌に役立つ食材をきちんととって健康的な美を目指すことも大切です。
食材についてはこちらのサイトが参考になります。>>美白肌に役立つ食材(http://www.9yuhh.com/ )
是非、チェックして食生活を見なおしてみてくださいね。



 
注目のコンテンツ